虹の川に棲む虹色の龍のお話

沖縄のたびのハジマリは 飛行機から見下ろした
 虹の上。

f0214351_11163316.jpg









そして虹が生まれていくのを生まれてはじめて
上からのぞいていましたシーサーのんですww



f0214351_1116224.jpg





















沖縄から帰って 1週間・・・・
 まだ 体だけが強制的に帰ってきたのでなんか忘れもんしたみたいに
バランスがどうやら へんてこりん!

体はアチチだし 時間がわかんないし 頭の中の予定表が 白紙
記憶もぶっ壊れて どうやら 龍宮城から帰ってきたての 浦島のん太郎!!です!



ゆっくりゆっくり いつものペース
 丑三つ・・・土器ドキ!シーサーのんに土に触れて 
 ノンある気分にかえしていこうとおもっとります!


おとといのできごと



f0214351_11171884.jpg

天の川じゃなくて







f0214351_11173274.jpg







目の前に虹の川が流れた件。

その流れは 穏やかでキラキラしてて 一枚一枚の背中のうろこまでも
水面に現れたのでした!

 ここ1ヶ月の間に 5つ爪の龍を宿す芸術家さんに
に出会ったのんです


そして 二匹の5つ爪の龍神さまにあえました

ノンは勝手に思い込んでいます

 おとうさん龍

 f0214351_11493234.jpg


f0214351_1153239.jpg


そして ・・・・

f0214351_1154425.jpg
 

      お母さん龍 と呼んでいますww
f0214351_1155447.jpg





もちろん でっかいでっかい あたまにワッカをつけた 大好きな富士さんにも会えました

f0214351_11585725.jpg

 
   あのひも空には 鱗がポコポコとグネグネと動いて流れていくのを車からずっと釘付けで

眺めていました
f0214351_1203940.jpg



f0214351_1214260.jpg
   たくさんのミニチュアちゃんの龍も彼方此方喜んで飛び回っていたっけ!!



おととい のんの 目の前に 見せてもらえたものは 

その2ひきの龍を重ねたような なんとも
言葉には表せない 生きたホニャララ でしたwww



  ものすごい 長くって この世の色とはおもえない 虹の川を みた瞬間に

3匹目の 龍をみた!!!って感じで ひっくりかえるのんでした!

頭は見えませんが 生きて動く 龍の背中だ!っととっさに思ったのでした!

あんまり こんなへんな話をすると
 嫌われちゃうから だれもみないブログに記す癖がある シーサーバカのんです!

昔から 変な子っていわれたくなくって 普通の女の子になりたくってがんばってきましたがwww


無理だと不自然とはさよならして
 自然なままのアタシにカエル途中であります!


話もどりますが・・・

おとといは 目の前の光景が信じられづに
  夢をみてるのかな?そんな錯覚をしながら
目をこすってもほっぺを キュッとしても
リアルな目の前に 流れていくのは 虹色の鱗を背中にいっぱいつけた龍でした


こっちでは

隣の釣りキチのオッチャンが

鰻のデカイのを釣り上げ
ひっくりカエルところでしたwwww

ふっと 我に返り 

オッチャン!
鰻じゃーーん!って

一緒に喜んでいたら

釣り上げられた 鰻も キラキラの虹色に染まり ミニチュアの赤ちゃん蛇のように そこでピチャピチャしていたのでしたw


f0214351_11282426.jpg

オッチャンは 一言………

オッチャンこんなの初めてだわ!
 一緒に 見ていてくれて

ありがとう!

だって!不思議な会話でしたが

虹色の川の流れは魔法の呪文みたいにサラサラと聴こえました

なんかわかんないけど……
ホッと しました。



オッチャンはすでに 

目の前の鰻の向こう側にワープしてたっけww

そこにあるのは お母さんの喜ぶ顔

がみえました

そんな虹色の笑顔をみて のんは

とっても 心があったかくなりました




ヤッタネ!オッチャン!


そして 虹色の生きた  でっかい龍の姿 
 そして 数え切れない数の ピカピカ虹色の鱗までも 

心に焼きついています

 あの日の 虹色の夕焼けは わたしにとって
一生忘れられない虹の川の虹の龍の思い出になったのでした!


ちゃんちゃん!



  クゥさんとちかじか 鰻を釣りに きたいと思いましたシーサーバカのんでした
[PR]

by fukutoku-shisa | 2015-06-11 11:39 | ノン家のゴニョゴニョ...